未分類

エステの解約をしたくなったらどうする?

投稿日:

頑張ってエステに通ってスリムなボディ、綺麗な肌を手に入れようと契約を決めるのではないでしょうか。けれども、仕事の都合もあれば、予約が取りにくかったり、化粧品が合わないなどのいろんな理由があって一旦解約を考え始める事もあるかもしれません。

基本的にはエステの解約をする時には、クーリングオフが出来る状態かそうでないかで変わってきます。契約した日から8日以内であれば、電話連絡をして書面を投函すればクーリングオフが成立して金額の返金が行われます。書面の投函の際は普通郵便ではなくて特定記録郵便や簡易書留を使うと良いでしょう。

サロンに来店する必要もないので、気持ち的にも楽に相談を進められます。クーリングオフが出来なくなった(8日を経過した)状態だと、中途での解約の扱いになります。

ただし、手数料として施術を受けていないコース料金の10%または2万円の金額のどちらか低い方が適用されてかかってくるので注意が必要です。一回の都度払いで利用できるメニューであれば一回きりなので気分も楽ですが、やはり複数回通うコースメニューだと、回数が多くなるので支払い金額なども多くかかります。また、最初は通うつもりで契約した場合でも、転勤などがあればお店に通えなくなってしまう事もあります。

契約をする前に、自分が利用するエステの契約内容がどうなっているのか、解約や返品などの項目は目を必ず通した上で利用すればより安心してサロンでの時間を過ごせます。

-未分類

Copyright© 東京でおすすめのエステサロン比較 , 2020 AllRights Reserved.